1. アットインターンシップホーム
  2. 起業家インタビュー

起業家インタビュー

「逃げず、流されず、命がけでコミットする」 丸の内起業塾 塾長 須賀 等

申し分のない学歴、資格、職務経歴、語学力、そして豊富な人脈。須賀等はトップエリートとなるべき多くの資質を持ち合わせているようだ。しかし、この丸の内起業塾の塾長は、ベンチャー成功の決め手は「人柄と人間力」だと言い切る。そのメッセージはとことん熱く、現役最前線のビジネスノウハウを常に起業支援へ注ぎ込む、本物のプロフェッショナルの言葉である。

須賀 等

英検1級のおかげで、教師からは総スカン

現在、起業家の育成に尽力されているわけですが、ご自身の独立性はいつごろから培われたのですか。

実家が東京の下町で玩具問屋を営んでいて、その仕事をよく見ていたのが始まりかな。小さい頃は親の出張についてまわったりして、商売ってなんか面白そうだなと思いましたね。浦和高校に進学したころには、自分のやりたいことだけをやりたいと強く思うようになって、進学校だったけれどとにかく学校は好きじゃなかった。もう留置所みたいに思えて、つまらなくてしょうがない。それで思い切って、使える英語だけ必死で勉強してAFSという制度で1年間、米国の高校に 留学したんです。英語はもちろんのこと、米国人の考え方とかが実地でまるごと理解できて人生を変えるほど良い経験になりました。でも、帰国後すぐに高3で英検1級にパスしたので、英語教師からは煙たがられてね、日本の受験英語は全く無意味で下らないといっては、よく大喧嘩してましたよ(笑)。

大学は早稲田の政経学部と聞きましたが。

学業の傍ら、英語力を生 かして、旅行社の海外添乗員やテレビ局の通訳などの“仕事”をよくしていました。同時通訳の訓練センターなんかにも通って一時はプロにならないかと誘われもしたけれど、通訳って、人の言葉を単に伝えるだけで自分の意志がない。これではつまらない、と思いましたね。

いくら頭が切れても技術オタクや変人じゃダメ

卒業後、三井物産に入社したきっかけは。

最初はマスコミ志望で、その後国連に入りたかったんですが、修士以上とか第二外国語とか資格的に無理だとわかって、尊敬する早稲田の先輩から三井物産の就職試験を受けてみろと強く勧められたんです。でも最初は単純な事務仕事ばかりで、全然やりたいことをやらせてくれなくてね。毎日辞めたいと思ってましたよ。ところがその後、大阪の営業部へ転勤になり、「国内営業の神様」と呼ばれるボスについた。飼料原料の輸入営業を任されたのですが、これが面白くてやればやるほど利益が上がる。連戦連勝状態で、かなり色々と仕事をしたけど、これぞ商社マンっていう充実感がありましたね。
そんなときに、ボスからゼネラルマネジメントのMBA取得を勧められ、仕事をしながら超ハードな受験勉強をして、ハーバード大に留学しました。ところが本当の地獄はここからだった。授業の濃さといい、山のような宿題といい、もう軍隊並みのしごきですよ。ビジネスに必要な知識以上に、いかに自分で考え、相手を説得することができるかという訓練を徹底的に叩き込まれました。同じクラスの連中ともまさに運命共同体的な深いつながりができてね、今では企業トップや政府高官になっている者も多いけど、彼らとは互いに信頼関係で結ばれている“戦友”です。

須賀 等

帰国後はどんな仕事をしたのですか。

ベンチャーキャピタル、そして、その後10年以上M&Aに本格的に携わるようになりました。国際的でポジティブな、非常にやりがいのあるエキサイティングな仕事だった。でも何よりも面白かったのは、多くの素晴らしい経営者・CEO・役員の方々と知り合いになれたことですね。ハーバードの同窓生を見ててもそうなんだけど、ビジネスで大きく成功している人間の特徴は人柄がいいこと。これに尽きる。いくら頭が切れても技術オタクとか変人じゃダメ。ある程度のレベル以上になったら、誰に対してもフェアで親切で、誰からも好かれる「人間力」が最も大事だと思います。要するにまともな人間かどうかですよ。

そして、三井物産系のベンチャーキャピタルの創業社長に就任されました。

これまでの自分の仕事を一度ここで集大成しようという意気込みでぶつかっていきました。でも正直、最初は本当にきつかった。文字通りのゼロからの立ち上げで、言い訳は許されない、全責任は自分にある。こんなに会社立ち上げは大変なのかと痛感しましたが、課せられたミッションは何が何でもやり抜くという確固たる意思は失いませんでした。ここで大いに役に立ったのが、これまでの人脈です。そのおかげで、初期の資金基盤として20億円が確保でき、それに励まされ応えようと、持てる力を最大限発揮して運営にあたりました。

どこまで踏ん張れるかが勝負の分かれ目

現在塾長を務める丸の内起業塾の特徴を教えてください。

自分のベンチャー経験を若い人中心に広げていきたいと、まず考えたんです。そうすることが社会全体を活性化していく要因になるし、世の中に貢献することにもなる。特に日本のベンチャー産業は、欧米に比べるとまだまだ質量共に微々たるものです。若者にもっと職と夢を提供して、米国のようなダイナミズムを日本にも取り 入れ、多額の資本投下に値する業界に成長させなければなりません。
この塾の最大の強みは、講師陣が現役のビジネスの最先端にいる人ばかりだということですね。そのエネルギーや現場で今日起こったことをすぐに塾生にフィードバックできるので、実践的なビジネス教育としては最も効果的な方法だと思います。

起業を志す学生へ、塾長からのメッセージをお願いします。

まずある程度社会経験を積んで、その業界に“土地鑑”を持ったうえで、自分のやりたいことを絞り込んでいったほうがリスクは少ないでしょう。ただし、一度これがやりたいと思って始めたら、とことん命がけでコミットすること。それができなければ、絶対に成功なんかしません。どんなことでも逃げたら負け。どこまで踏ん張れるかが勝負の分かれ目です。
人の意見に流されずに、自分の考えを持ち、知識、経験、勘をフル稼働させて、これができなければ死んでも仕方ないという覚悟でやれば、道は開けてくるもの。バカだねと言われるほど徹底的に全力疾走して、そこまでやるのかと思われれば、必ず人はついてきてくれます。真の人脈とは、電話1本で普通ならできないことでも一緒にやってくれる人をいかに増やすか、ということ。これが最高の財産であり、ビジネスとはとどのつまり、人間そのものなのです。

(ベンチャー通信取材協力)

丸の内起業塾 塾長 須賀 等 (すが ひとし)
1952年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科、ハーバード大学経営学大学院卒(MBA)。三井物産においてM&Aおよびベンチャーキャピタル業務を担当後、1996年、三井物産系ベンチャーキャピタル、(株)エム・ヴィー・シーの初代代表取締役社長に就任。タリーズコーヒージャパン(株)(現フードエックス・グローブ(株))を同社創業時に発掘、投資・育成を手がけ創業2年半強でNasdaq-J(現ヘラクレス)市場へ上場させ、2006年の同社の㈱伊藤園への経営権の移転にも 同社取締役副会長として大きな役割を果たす。2000年に三井物産/エム・ヴィー・シー退任後、外資系投資会社の在日代表等を歴任。現在、タリーズコーヒジャパン㈱ 特別顧問の他、グローバルインシュランス(株)、(株)オーヴの各取締役、ヴィジョネア(株)監査役をはじめ、数社のベンチャー企業の顧問を務めるとともに、丸の内起業塾の塾長として、2006年末現在で200人以上の卒塾生を送り出す。2005年より秋田県総合開発審議会委員。2006年より国際教養大学(秋田)グローバルビジネス課程客員教授。
◆URL/http://www.odyssey-com.co.jp/venture/kousi.html